災害、レンタル機材提供 伊勢市がキナンと協定 発電機や仮設トイレ 三重

【協定を結んだキナン伊勢営業所の池田所長(右)と鈴木市長=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県の伊勢市と建設機械レンタル会社キナン伊勢営業所(同市小木町)は26日、災害時のレンタル機材の提供に関する協定を結んだ。

大規模災害時、市の要請により、避難所の運営や災害応急活動に必要となる仮設トイレや発電機、冷暖房機器、トラックなど、同社が保有するレンタル機材を提供してもらう。

市役所で、鈴木健一市長とキナンの池田信昭伊勢営業所長(44)が協定書に調印した。鈴木市長は「避難所におけるコロナ感染症対策が今の課題。換気や冷暖房機器のニーズも高まってくる。有事には力添えいただきたい」と述べた。池田所長は「いつ災害が起きてもおかしくない状況。地元に根差した企業の責任としてしっかり対応したい」と話した。