紀南病院総合議会 PCRセンター設置を 御浜町長に要望 三重

【南牟婁郡】三重県熊野市、御浜町、紀宝町の担当議員らで構成する紀南病院組合議会は26日、新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書を、病院管理者の大畑覚御浜町長に提出した。

同議会議長の下田克彦熊野市議ら3人が町役場を訪れ、町長に手渡した。

要望書では、紀南病院の医療従事者への防疫手当の拡充▽PCR検査センターの熊野管内への設置を急ぐ▽患者を安心して受け入れられるように医療人材を確保する―など5項目を求めた。

下田議長は要望書を提出したことについて取材に「治療に積極的な病院ほど苦境に陥っている。早急な支援策が必要だ」と話した。