志摩市 橋爪市議が辞職願 市議会受理、市長選向け 三重

【志摩】三重県の志摩市議会事務局は24日付で、橋爪政吉市議(45)=大王町波切、2期、自民党志摩市議団=の辞職願を受理したと発表した。定数2で欠員が出たことから、任期満了に伴う市長選(10月11日告示、18日投開票)と同日程で補欠選挙を実施する。

同事務局によると、橋爪市議から同日、浜口三代和議長宛てに「一身上の都合」を理由として辞職願の提出があったという。橋爪市議は22日の本紙取材に対して市長選への出馬を表明しており、選挙準備に向けた辞職とみられる。

橋爪市議は平成28年10月の市議選補選で初当選し、現在2期目。令和元年11月から総務政策常任委副委員長、同12月から議会改革特別委副委員長。