体操の候補選手、実戦さながらに 四日市でプレ国体演技会 三重

【実戦さながらに行われた体操競技の三重とこわか国体プレ競技会=四日市市総合体育館で】

体操競技の2021年三重とこわか国体会場となる、今年6月に全面オープンした四日市市総合体育館(四日市市日永東)で22日、同競技の国体候補選手らによるプレ国体演技会があった。

国体開催種目支援事業として四日市市などが実施。地元国体での活躍が期待される中学生から社会人までの男女約20人が、審判員の前で実戦さながらに演技を行った。

新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、来場に際しては消毒の徹底、練習・試技以外のマスク着用を呼びかけた。また関係者を除き無観客での開催となった。

成年男子の国体候補選手の永吉雄選手(相好体操クラブ)は「会場が明るく、観客が入ればさらに雰囲気良く演技ができると感じた。三重とこわか国体の優勝目指して頑張ります」と話していた。