三重県 コロナ対策強化に181億円 補正予算案提出へ

三重県は21日の県議会代表者会議で、新型コロナウイルス感染症の対策費を盛り込んだ約181億円の一般会計補正予算案を提出すると報告した。28日の県議会本会議に提出し、即日採決の見通し。

県によると、補正予算案は感染拡大の防止や医療提供体制の強化に向けた費用を中心に計上。事業者への資金繰り支援などにも充てる。ほぼ全額を国の交付金と補助金で賄う。県は24日に補正予算案の詳細を発表する。