鳥羽市 コロナ感染者に見舞金支給 事業所の消毒補助も 三重

【新型コロナ感染時の支援内容を知らせるチラシ(鳥羽市提供)】

【鳥羽】新型コロナウイルスによる感染者が出た場合の支援や事業所への消毒補助の実施に伴い、三重県鳥羽市は19日から、事業の周知を呼び掛けるチラシの配布を始めた。

感染者の生活支援として、市民に感染者が出た場合、移動制限に伴い日常生活の維持が困難となることから見舞金1万円と食料品など生活必需品の支援金1万円の計2万円を支給。本年度当初予算に計上した災害見舞金779万円を財源とし、不足分は補正予算として計上するとしている。

また市内事業所での感染が確認された場合に消毒作業に関する経費の半額(上限30万円)を補助する。6月の補正予算で計上した感染予防対策応援事業費2873万円を財源に充てる。

対象期間は共に来年3月末まで。チラシでは各事業の内容と問い合わせ先の電話番号などを記載。3種類を作成し、市役所や市民文化会館窓口での配布や市ホームページ、SNS(会員制交流サイト)での周知を図る。問い合わせは同市企画財政課=電話0599(25)1227=へ。