玉城町 「おもいやり」まちづくり宣言 町民一体、コロナ克服を 三重

【「やさしさ」と「おもいやり」あふれるまちづくり宣言の内容を発表する辻村町長=玉城町役場で】

【度会郡】町民総参加でコロナ禍を乗り越えようと、三重県の玉城町はこのほど、「『やさしさ』と『おもいやり』あふれるまちづくり宣言」を行った。18日には、町役場で辻村修一町長が宣言の内容を発表し、感染者などへの誹謗(ひぼう)中傷やデマ拡散の抑止、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底など、町民らに向けてメッセージを送った。

同宣言では、「一人一人が正しく行動しましょう」、「みんなで助け合い、乗り越えましょう」、「みんなで感謝し、応援しましょう」の3項目を盛り込み、オール玉城でコロナを克服していくという決意を込めた。

町内ではこれまで感染者は確認されておらず、「玉城町で感染第1号になりたくない」という声が高まっているという。辻村町長も「コロナの感染拡大によって差別につながる誹謗中傷や人権侵害などが起こり、住みにくい地域社会になっていく。玉城町でも思いやりを持って助け合うことを町民に意識してもらい、行動してもらうために今回の宣言を行った」と話す。

今後は、全戸配布する広報紙へのチラシの挟み込みや町ホームページで宣言書と宣言動画を掲載。元気ですたまき委員会(同町社会福祉協議会)や小中学校でも独自の宣言を行い、活動の輪を広げる。