「戦争絶対だめ」 桑名の星川神社 戦没者17人の冥福祈る 三重

【玉串を捧げる遺族ら=桑名市星川の星川神社で】

【桑名】三重県桑名市の星川遺族会(伊藤学代表)は16日、同市星川の星川神社で戦没者慰霊祭を開いた。太平洋戦争で父や叔父らを亡くした10人が参列し、戦死した17人の冥福を祈った。

遺族らは順に祭壇に玉串を捧げ、手を合わせた。叔父2人を亡くしたという同所の伊藤宜毅さん(74)は「戦争は絶対にだめ。父や祖父も悔しかったと思う。その思いを胸に、精いっぱい生きていきたい」と話した。

慰霊祭は、地域で年3回執り行われており、毎年8月と1月に遺族会が開催。4月は地元の星川自治会が開いているという。