特殊詐欺、高齢者に注意喚起 桑名地域生活安全協会がイベント 三重

【木地事務局長(右)の話に耳を傾ける参加者=桑名市多度町御衣野で】

【桑名】特殊詐欺の被害を防ごうと、桑名地域生活安全協会は14日、同市多度町御衣野にある旅行会社「たどトラベルサロン」内のファーマーズカフェで啓発イベントを開いた。

年金支給日に合わせて実施。新型コロナウイルス感染防止のため、屋外のテラスを会場にして、テントの下に地域の高齢者15人が集まった。

木地茂事務局長による防犯講話では、キャッシュカードにはさみで切り込みを入れ、悪用されなくなったように安心させてだまし取る手口が相次いでいることを説明し、注意を促した。

参加者全員に防犯ブザーとうちわを配り、うちわに書かれた番号によって、簡易型自動録音機やライト付きボールペンなどが当たるプレゼントの当選番号の発表や、アマチュアマジシャンの大森春雄さん(88)=同市北別所=のマジックショーもあった。