コロナ支援策の一覧冊子第2弾 鳥羽市が作成、GoToなど紹介 三重

【第2弾で作成した新型コロナウイルス感染症支援策一覧の冊子(鳥羽市提供)】

【鳥羽】新型コロナウイルスに伴う感染症関連支援策の拡充に伴い、三重県鳥羽市は国や市が実施している支援策を一覧に掲載した冊子の第2弾を作成した。

同市企画財政課を中心とした感染症対策本部情報発信部会が6月1日に作成した冊子「SAVE A LIFE MAKE A FUTURE」の第2弾。

家賃支援金や「GoToトラベルキャンペーン」など6月以降に追加された市や国の支援策、経済活性化策のほか、主な相談窓口、受診目安などを掲載。このほか厚労省が推奨する新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」の紹介、おまけとして市内の日帰り温泉マップなどを掲載している。

担当する同課の木下大輔さん(25)は「県内の近隣市町でも感染事例が増えている。市民の不安を取り除く助けになれば」と話した。

A4判で表紙を含め全36ページ。80部を作成し、市内担当窓口などで無料配布しているほか、ホームページからダウンロードもできる。問い合わせは同課=電話0599(25)1227=へ。