三重県知事「不適切、反省」 新型ウイルス感染者、異なる職業公表で

鈴木英敬三重県知事は14日のぶら下がり会見で、津市内の診療所に勤務する新型コロナウイルス感染者の職業を「会社員」と公表していた問題について「適切ではなかった。深く反省している」と陳謝した。

鈴木知事によると、自身も1人目の感染者が判明した際から問題を把握していた。職員に「(会社員という表記に)違和感がある」と指摘していたが、結果的には「会社員」のまま公表したという。

鈴木知事は「再三、本人や医療機関を説得したが、公表に同意を得られなかった」と説明。「県民に的確なリスク情報を知らせる点で適切ではなかった。極めて重く受け止め、深く反省している」と頭を下げた。

今後は「同意を得るために最大限努力し、同意が得られない場合でも『医療関係』や『介護関係』という形で発表するよう努める」と説明。「どうしても必要なら県の判断での公表もあり得る」と語った。

一方、診療所の名称については「何度もお願いをさせてもらっているが、残念ながら同意が得られていないため、公表できない」と説明。「引き続き公表に向けて働きかけをしていきたい」と述べた。