桑名の死体遺棄事件 妻の遺体、車で運んだか 逮捕の男「木曽川に捨てた」 三重

三重県桑名市長島町松ヶ島の木曽川右岸で先月30日、岐阜県岐阜市長良井田、パート稲見美紀さん(56)の遺体が見つかった殺人、死体遺棄事件で、死体遺棄の疑いで逮捕された夫で会社員の稲見勝利容疑者(55)が自動車で美紀さんの遺体を運び、木曽川の岸辺に遺棄した可能性が高いことが桑名署捜査本部への取材で分かった。捜査本部は稲見容疑者のワンボックス車を押収しており、調べを進めている。

逮捕容疑は先月29日ごろから翌30日午前9時20分ごろまでの間に、桑名市長島町松ヶ島、木曽川の岸辺に美紀さんの遺体を遺棄した疑い。「遺体を木曽川に捨てた」と容疑を認めている。殺害をほのめかす供述もしているという。

捜査本部によると、美紀さんの遺体は発見時、はだしだった。遺体が遺棄された現場に争った形跡はなかったという。捜査本部は美紀さんが別の場所で殺害された後、車で木曽川の岸辺まで運ばれ、遺棄されたとみて調べている。

捜査本部は13日、死体遺棄容疑で稲見容疑者を津地検に送検した。