崖下に男女の遺体 紀北町の国道沿い、車が転落 三重

【尾鷲】11日午前8時20分ごろ、三重県紀北町東長島の国道260号二色トンネル近くの捨土場(すてどば)の崖下に乗用車が転落しているのを、付近を散策中の男性が見つけ、尾鷲署に通報した。署員が大破した車の近くに倒れている一部白骨化した成人男女の遺体を発見。司法解剖して死因を調べるとともに身元の特定を進めている。

尾鷲署によると、男性の遺体は身長165センチくらいで半袖と半ズボンを着用。女性の遺体は身長140センチくらいで半袖と長ズボンを着用していた。

現場は二色トンネル西側入り口から西へ約300メートルで、崖の高さは約60―70メートル。車は前部が地面に突き刺さり、崖にもたれかかっていた。フロントガラスは割れていた。

転落した付近にガードレールはなく、同署は車が落ちた衝撃で2人が車外へ投げ出された可能性があるとみて、詳しい死因を調査中。事件性は低いとみている。