三重、奈良御湯印めぐり 松阪・いいたかの湯、今年も参加 三重

【「いいたかの湯」などで開催する「御湯印めぐり」のポスター=松阪市飯高町宮前の飯高駅で】

【松阪】三重県松阪市飯高町宮前の道の駅「飯高駅」内の温泉施設「いいたかの湯」など三重、奈良両県の温泉7施設はこのほど、特典付き「伊賀・大和・松阪 御湯印めぐり」を始めた。期間は来年3月31日まで。

御湯印めぐりは11回目。全施設を巡り、入湯時の「御湯印札」を集めると「満願」となり、オリジナル記念タオルがもらえ、入湯割り引きの特典がある。抽選で3人にシャワーヘッド「ボリーナシリーズ」を贈呈する。

いいたかの湯は前年に続き2回目の参加となる。満願の入湯割り引きは大人以上平日半額。

他の参加施設は、大山田温泉さるびの(伊賀市)▽島ケ原温泉やぶっちゃの湯(同)▽サンピア伊賀芭蕉の湯(同)▽大宇陀温泉あきののゆ(奈良県宇陀市)▽曽爾高原温泉お亀の湯(同曽爾村)▽みつえ温泉姫石の湯(同御杖村)。

問い合わせは「御湯印めぐり」事務局のみつえ温泉=電話0745(95)2641=へ。