木曽川女性遺体遺棄疑い 桑名署 岐阜の55歳夫を逮捕 三重

三重県桑名市長島町松ヶ島の木曽川右岸で先月30日、身元不明の女性遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、桑名署捜査本部は12日、遺体は岐阜県岐阜市長良井田、パート稲見美紀さん(56)と発表した。捜査本部は同日、死体遺棄の疑いで、同居する夫で会社員の稲見勝利容疑者(55)を逮捕した。「美紀さんの遺体を木曽川に捨てた」と容疑を認めている。殺害についてもほのめかしているという。

逮捕容疑は先月29日ごろから翌30日午前9時20分ごろまでの間に、桑名市長島町松ヶ島、木曽川の岸辺に美紀さんの遺体を遺棄した疑い。捜査員が12日、稲見容疑者を桑名署に任意同行し、事情を聞いたところ、容疑を認めたという。

捜査本部は4日、美紀さんの似顔絵や発見時の着衣を公開し、寄せられた十数件の情報から身元を特定。稲見容疑者は行方不明者届を出していなかった。2人は平成23年に結婚。子どもはおらず、2人暮らしという。美紀さんの首には絞められた痕とみられるあざがあり、死亡推定は29日ごろと判明している。