1700万円の詐取被害 名張の70代女性、架空請求で 三重

【名張】名張署は11日、三重県名張市の70代無職女性がトラブルの回避名目で現金1700万円をだまし取られたと発表した。架空請求詐欺事件として調べている。

同署によると、女性は7月16日から8月3日までの間、IT企業のクドウを名乗る男の指示で埼玉県、千葉県の個人宛に現金計1700万円を送り、だまし取られた。身に覚えのないトラブルの解決金として金を送ったという。