給付金申請忘れずに 志摩市が呼びかけ 三重

【志摩】一律10万円を支給する新型コロナウイルス特別定額給付金の申請期限(8月13日)を前に、三重県志摩市は申請手続きのし忘れに対する注意を呼びかけている。同市特別定額給付金対策室によると、11日現在で46世帯52人の申請が出ていないという。

同室によると、オンライン申請の受け付けを開始した5月2日から同日までに、対象世帯の99・57%に当たる2万2751件の給付が完了し、給付総額は48億7570万円となっているという。

申請期限までに申請がない場合は受給を辞退したとみなされる。同室では、未申請者に郵送か市役所窓口での手続きを呼びかけている。郵送の場合は13日の消印有効。問い合わせは同室=電話0599(43)9050=へ。