亀山 児童らカヌー初体験 パドル操作に挑戦 三重

【カヌー体験を楽しむ小学生ら=亀山市布気町の亀山サンシャインパーク内高塚池で】

【亀山】三重県の亀山市総合型地域スポーツクラブ「Let’sスポーツわくわくらぶ」(上田佳士会長)は9日、同市布気町の亀山サンシャインパーク内高塚池で、「小学生限定カヌー体験」を開き、市内の小学生児童計25人が参加した。

文科省「子供たちの心身の健全な発達のための子供の自然体験活動推進事業」の一環。

体験は、自然豊かな公園内の池で、カヌーに乗艇し子どもたちの健やかな成長を図るのが狙い。参加者らは、ライフジャケットを装着し、全長約2・5メートルの一人用カヌーに乗り込み、パドルを操作しながら約30分の体験を楽しんだ。

同市井尻町の小学1年生、木崎結菜ちゃん(7つ)は「初めてのカヌーで少し緊張した。最初は思ったように進まなかったが、途中から慣れて進むようになり楽しかった」と話していた。