鈴木知事が医療機関への支援を提案 全国知事会

【全国知事会のウェブ会議で意見を述べる鈴木知事=県庁で】

全国知事会は8日、新型コロナウイルス緊急対策本部をウェブ会議システムで開き、お盆時期の帰省について検討し直すよう呼び掛ける共同メッセージをとりまとめた。鈴木英敬三重県知事は医療機関の収益が悪化しているとして、感染者を受け入れていない医療機関も含めて経営支援する必要性を訴えた。

共同メッセージでは「大切な『ふるさと』の命を守るため、お盆の帰省について、いま一度家族や友人との相談を」と呼び掛け、離れて暮らす家族とは電話などで会話することを検討するよう促している。

鈴木知事は会議で、県病院協会がアンケート調査した結果を基に、医療機関の収益が悪化していると指摘。「(感染した)患者を受け入れていない医療機関も支援を手厚くしてほしい」と述べ、経営支援を求めた。

その上で、緊急包括支援交付金の対象拡充を提案。「秋冬はただでさえ患者が多くなる季節。医療崩壊を起こしてはならない。それに備えて大規模改築する医療機関の財源も対象にしたい」と述べた。

また、全国知事会はこの日の会議で、新型コロナウイルス感染症に関する緊急提言についても協議。感染状況に合わせた「GoToキャンペーン」の見直しやPCR検査の拡大など9項目を国に対して提言する。