アカトンボに印付け放そう 菰野町・御在所キャンペーン 秋の飛行範囲調査用に 三重

【御在所岳山上で夏を過ごすアカトンボ(御在所ロープウエイ提供)】

【三重郡】三重県菰野町の御在所ロープウエイは、御在所岳の夏を満喫してもらう「REDキャンペーン」を展開している。9月6日まで。

キャンペーンの1つ目として、昭和46年から続く恒例イベント「アカトンボふる里さがし大作戦」を毎日実施。アカトンボは夏の間、涼しい山の上で過ごす。参加者はタモでアカトンボを捕まえ、羽に油性ペンで「G」マークを付けて放す。秋になって山を下りたトンボがどこへ行くのか、飛行範囲を調査する。タモは貸し出しし参加は無料。ございしょ自然学校で、当日の午前10時―午後3時の間に申し込む。

2つ目は、山上の展望レストラン「ナチュール」で〝赤〟をモチーフにした期間限定メニューを提供している。たっぷりのトマトソースがからんだポークチャップ(税込み1500円)や、ビールにトマトジュースを加えた赤色のカクテル(同600円)を31日まで販売している。

また、キャンペーンとは別に、ございしょ自然学校では「御在所ユニセフDAY~みんなで達成しようSDGs夏休み~」(県ユニセフ協会主催)を開催している。ユニセフの活動を紹介したパネルや地雷レプリカの展示、国連が提唱する「SDGs(持続可能な開発目標)」をテーマにした講話(午後0時半から約50分間)などもある。開催は10日までで、時間は午前10時―午後2時。

いずれも問い合わせは、御在所ロープウエイ=電話059(392)2275=へ。