四日市 今秋、シルバー食堂開設へ 独居高齢者に無料で夕食提供 三重

【11日にオープンする「PlanB」の新社屋兼サービス付き高齢者住宅=四日市市日永西で】

【四日市】地域の高齢者の孤食をなくそうと、訪問介護や訪問看護などを手掛ける三重県四日市市の「PlanB(プランビー)」(浜中俊哉社長)が、独居高齢者に無料で夕食を提供するシルバー食堂(仮称)をこの秋、市内に開設する。こうした取り組みは県内では初めてで、全国的にも珍しいという。

同市日永西に11日オープンする、同社の新社屋兼サービス付き高齢者向け住宅2階の研修室を開放する。市内で独居する65歳以上が対象で定員は毎回25人。事前予約制で申し込み多数の場合抽選となる。

初回は10月17日を予定。新型コロナウイルスの感染状況も見ながら当面月一度開き要望に応じて回数の増加を検討する。9月にプレ試食会を計画している。

予約の際に簡単なアンケートに答えてもらい、利用者の体の状態に合わせて、食事の形態を変えるなどの対応もとる。浜中社長は「地域にあって良かったと思われるような場所にしたい」と話した。問い合わせは同社=電話059(347)5081=へ。