地域の活性化や課題解決 伊勢市と市内郵便局が提携 三重

【協定を結んだ鈴木市長(中央)と橋本局長(右端)ら=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県伊勢市と市内郵便局は3日、地域の活性化や課題解決に向け協力する「包括的連携に関する協定」を締結した。

協定は▽安心安全な暮らしの実現▽地域経済活性化▽子どもの育成▽地方創生―などで連携するとし、協力内容は、今後定期的に協議していく。過去に、災害時の相互協力や高齢者の見守り、不法投棄の情報提供などで協定を結んでいるが、協力分野を広げ、市と市内全23局が連携を深める。三重とこわか国体・とこわか大会のPRなども協力する。

市役所で締結式があり、鈴木健一市長と伊勢朝熊郵便局橋本真人局長らが協定書を交わした。鈴木市長は「市民の安心安全、地域の課題解決に向け、共に取り組んでいきたい。協定を機に関係を緊密にし連携を進めたい」とあいさつ。橋本局長は「郵便局のネットワークを生かし協力したい。連携をさらに深め、市の発展に寄与したい」と述べた。