四日市 陶芸と鉛筆画169点 田中さんと石井さん個展 三重

【個展を開いた田中さん=四日市市安島の山画廊で】

【四日市】岐阜県多治見市の陶芸家田中陽子さん(36)と、千葉県南房総市の画家石井範子さん(42)の個展がこのほど、三重県四日市市安島の山画廊で始まった。9日まで。3、4日は休み。

田中さんは皿を中心に制作し、今回は花器や片口といった「立ちもの」に挑戦し、新作約130点を並べた。磁器にガラスを乗せ、窯の中で一緒に焼き、磁器とガラスの層が一体となった独特の風合いの作品がそろう。

石井さんはネズミ、ヤギ、フクロウなどを題材にした鉛筆画39点を紹介している。