桑名 殺人事件と断定 木曽川女性遺体、絞殺か 三重

【女性の遺体が見つかった現場=桑名市長島町松ケ島で】

【桑名】三重県桑名市長島町松ケ島の木曽川右岸で7月30日に発見された身元不明の女性遺体について、県警捜査一課は31日、死因を頸部(けいぶ)圧迫による窒息死と発表した。県警は遺体や現場の状況などから殺人・死体遺棄事件と断定し、桑名署に捜査本部を設置した。

捜査本部によると、遺体の首には絞められた痕とみられるあざがあり、司法解剖の結果、死亡推定日時は同月29日ごろとみられる。女性は40歳代くらいで身長約160センチ、体重47・8キロ、肩までの黒髪、左手首に5センチほどの手術痕があるという。

発見現場は近鉄長島駅から南東に約2キロの川岸。30日午前9時半ごろ、シジミ採りをしていた男性がうつぶせ気味に倒れていた女性の遺体を発見した。女性は服を着ていたが、はだしだったという。捜査本部は別の場所で殺害され、流れ着いた可能性もあるとみて、身元の確認を急いでいる。