桑名 木曽川岸に女性遺体 足に靴なし、事件か 三重

【桑名】30日午前9時半ごろ、三重県桑名市長島町松ヶ島の木曽川右岸の岸辺で、30歳から40歳代くらいの女性の遺体が倒れているのをシジミ狩りに来ていた男性が見つけ、一一〇番した。遺体には争った形跡はないが、足や腕、顔などに擦り傷があり、靴を履いていなかったことなどから、県警は事件の可能性が高いとみて詳しい経緯を調べている。

桑名署によると、女性は身長約160センチで中肉、肩までの黒髪。上下黒色のTシャツとズボンを履き、うつぶせに近い格好で倒れていた。所持品は何もなかった。県警は31日、遺体を司法解剖し、事件と事故の両面から死因などを調べる。現場は近鉄長島駅から南東に約2キロ。