コロナ克服、500万円寄付 連合三重など3団体

【鈴木知事(右から2人目)に目録を手渡した吉川会長(同3人目)ら=三重県庁で】

連合三重、県労働者福祉協議会、県勤労者ゆとり創造基金協会の3団体は29日、三重県の「新型コロナ克服みえ支え〝愛〟募金」に計500万円を寄付した。生活困窮世帯などへの支援に充てる。

募金の内訳は、連合三重が100万円、協議会と協会が200万円ずつ。新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に中止したメーデーなどのイベントに支出予定だった費用を寄付に充てることにした。

この日、協議会と協会の理事長を兼務する連合三重の吉川秀治会長らが県庁を訪れ、鈴木英敬知事に目録を手渡した。吉川会長は「弱者の生活向上に向け、有意義に使ってほしい」と述べた。