大雨、南伊勢で土砂崩れ きょうも雷伴う激しい雨 注意呼び掛け 三重

梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、三重県内は25日早朝から南部を中心に大雨が降った。南伊勢町では山の斜面が崩れ、墓地に土砂が流れ込んだほか、のり面崩落で県道が一時通行止めになった。津地方気象台は27日にかけても雷を伴う激しい雨が降るとみて、注意を呼び掛けている。

南伊勢町によると、同町方座浦で発生した墓地付近の土砂崩れは、25日未明から早朝にかけて発生したとみられる。墓地の半分以上が土砂に埋まったといい、町は対応を検討している。

県によると、浸水被害は26日午後2時現在、伊勢、南伊勢、大紀の3市町で計5棟確認されている。同市では市内2つの商店街でも浸水被害が起きたという情報が寄せられており、市は27日に調査する。同市では26日、落雷が原因とみられる火災も発生。けが人はいなかった。紀宝町では26日昼、約3千世帯が一時停電した。

気象台によると、26日午後6時からの24時間降水量はいずれも多いところで、北中部70ミリ、南部160ミリを予測。局地的に非常に激しい雨が降り、大雨になるという。