サッカー 鈴鹿が天皇杯出場へ ヴィアティン退け2年ぶり 三重

三重県サッカー協会は26日、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿で天皇杯第100回全日本選手権の県代表決定戦を開いた。鈴鹿ポイントゲッターズ(JFL)が1―0でヴィアティン三重(JFL)を退け、2年ぶり6度目の天皇杯出場を決めた。

鈴鹿は前半4分にFW菊島卓の挙げた先制ゴールが決勝点になった。全国大会は9月16日に開幕する。