桑名と鈴鹿の男性2人感染、愛知で勤務、滋賀に通学 新型コロナウイルス

三重県は24日、愛知県で勤務する桑名市内の20代男性会社員と滋賀県内の専門学校に通う鈴鹿市内の20代男子学生が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は延べ63人となった。

県によると、男性会社員は21日に発熱し、PCR検査で23日に陽性と判明。現在も倦怠(けんたい)感や味覚障害がある。20日まで自家用車で出勤。濃厚接触者となった家族7人の検査結果は陰性だった。

男性は今月中旬まで、名古屋市の繁華街にある飲食店を複数回にわたって利用した。この店舗でクラスター(感染者集団)は発生していないが、県は「名古屋市内で感染した可能性が高い」とみている。

一方、男子学生は12日に発熱し、14日に解熱した。学校で同じクラブに所属する友人の感染が判明してPCR検査を受け、23日に陽性と判明。既に症状はない。20日までクラブ活動に参加していたという。

この学校では友人以外にも感染者がいるといい、県は「男子学生が学校内で感染した可能性がある」とみている。県は男子学生と同居する家族4人を濃厚接触者に特定し、PCR検査を実施する。