玉城町 全国大会に意気込み 育成強化指定6選手が町長訪問 三重

【辻村町長(前列中央)にチームみえジュニア指定を報告した選手ら=玉城町役場で】

【度会郡】三重県競技力向上対策本部が指定する「チームみえジュニア」に選ばれた玉城町の小中学生6人が22日、町役場を訪れ、辻村修一町長らに報告した。令和3年に開催予定の「三重とこわか国体」で活躍が期待できる中高生と国体後も活躍が期待できる小中学生として選抜された。

競技団体や指導者らが一体となり、選手の育成強化を図る目的。本年度は34競技で1010人が指定を受けた。

6人は田丸小6年の奥村芽依菜さん(剣道)、玉城中1年の松田向繰さん(自転車)、谷口廣維さん(水泳)、2年の中西香奈さん(バドミントン)、3年の森朱音さん(バレーボール)、田所桃さん(陸上)。

6人は「もっといい選手になれるように頑張りたい」「ジュニアオリンピックで1位になり、全国大会に出場する」と抱負を述べた。辻村町長は「皆さんは玉城町の誇り。活躍を期待している」と激励した。