伊賀帰省の男子大学生感染、新型ウイルス、三重で延べ59人目

三重県は22日、大阪府内の10代男子大学生が新型コロナウイルスに感染したと発表した。伊賀市内の実家と大阪府内の自宅アパートを往復していた。県内の感染確認は延べ59人となった。

県によると、男子学生は伊賀市内のアルバイト先から実家に帰宅した14日夜に発熱。医療機関を受診してPCR検査を受け、21日に陽性と判明した。現在も熱があり、肺炎の症状もあるという。

実家で大学のオンライン授業を受けながら週に1回程度、府内の自宅アパートに通っていた。直近では10―11日に府内の自宅に滞在し、11日に帰省。帰省や出勤には自家用車を使っていた。

県は実家の家族3人を濃厚接触者、アルバイト先の同僚2人を接触者として特定し、PCR検査を実施する。感染経路については「大阪府内で感染した可能性が高いが、具体的には判明していない」としている。