園児らバス満喫 伊勢國祭観光、楽しい思い出を 三重

【大型バスのトランクルームで通り抜けを楽しむ園児ら=伊勢市の外宮北御門広場で】

【伊勢】新型コロナウイルスの影響により幼稚園でも遠足などの行事が中止や延期される中、園児らに楽しい思い出をつくってもらおうと、三重県伊勢市下野町のバス会社「伊勢國際観光」は、幼稚園向けの大型バス出張イベント「出張お楽しみバス・タイム」を企画。21日は市内の神宮高倉山幼稚園の40人が参加し、バスを使った遊びを満喫した。

同園近くの伊勢神宮外宮北御門広場に、同社の大型観光バス1台が登場。園児らは、うれしそうにバスに乗り込み、遠足気分で座席に座った。専用チョークを使って窓ガラスいっぱいに絵を描いたり、普段は入ることのないトランクルームを通り抜けたり寝そべったりして「楽しい」「いっぱいお絵かきした」と笑顔を見せた。

同社はバス11台を所有するが、感染拡大の影響で2月末から団体旅行などの予約キャンセルが相次ぎ、ほぼ休業状態。収益は大幅に落ち込んだものの、子どもたちに喜んでもらいたいとバスを活用したイベントを企画した。同園を含め市内の幼稚園5カ所で実施を予定している。

中西英二社長(48)は「子どもたちは目をキラキラさせて楽しんでくれている。厳しい状況だが、地元企業としてできることをしたい」と話していた。