災害時の調査、設計迅速に 玉城町と6事業者が協定締結 三重

【協定を締結した辻村町長(左から3人目)と5業者の代表ら=玉城町役場で(町提供)】

【度会郡】三重県玉城町と同町近隣で設計や測量業務を手掛ける6業者はこのほど、「災害発生時における調査・設計および支援活動に関する協定」を締結した。

協定を結んだのはアジアコンサルタント、カギテック伊勢支店、弘洋コンサルタンツ伊勢営業所、ジオ、松阪コンサルタント、明和プラテック。災害により町が管理する道路や河川、公園などの公共施設に被害が発生した際、6業者は災害復旧のために社員を派遣し、早期復旧につなげる。

被害状況の測量調査・設計、公共基準点の仮復旧などの支援のほか、町内の民有施設に被害が発生した際は、測量や技術的助言などに関する無料相談所を開設する。

玉城町役場であった調印式には5業者の代表らが出席し、辻村修一町長と協定書を交わした。

辻村町長は「災害が発生した時は協定を基に1日も早い復旧を図りたい」、代表らは「災害時に地域貢献ができれば」と話した。