津・労働安定センター 介護職員の環境向上へ 事業者対象にセミナー 三重

【介護事業所の雇用管理改善について話す前川氏(中央奥)=津市桜橋の県教育文化会館で】

【津】介護事業者を対象にした雇用管理改善啓発セミナーが21日、三重県津市桜橋の県教育文化会館であった。前川労務経営事務所=伊賀市東条=代表の前川完一氏(71)が介護事業者が守るべき法定事項などについて話し、県内各地から20人が参加した。

介護職員の職場環境向上を目的に介護労働安定センター三重支所=津市羽所町=が実施する三重労働局の委託事業。新型コロナの感染防止に配慮し広い会場で実施した。

前川氏は法令を基に雇用者が注意すべき点を挙げた。業務に必要な準備行為や後始末、待機の時間は労働時間に当たるとして「労働時間の把握義務は雇用者にある」と述べた。

人材定着の取り組みとして表彰や資格取得の支援などの事例を紹介。来年度から中小企業に適用される同一労働同一賃金の概要にも触れた。

伊賀市の「デイサービスたまたき」管理者の中西英雄さん(64)は「労働基準法がよく変わるのでパートさんに不利にならないようにと受講した。労働条件などしっかり習得しておきたい」と感想を話した。