全町民に商品券配布 朝日町が独自追加対策 新型ウイルス消費拡大策 三重

【三重郡】三重県朝日町は21日、令和2年度補正予算案を発表した。一般会計は8655万7千円の増額補正となる見込みで、うち8518万5千円は国の第2次補正予算に計上された新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用する。町独自の追加対策として、町内の消費拡大、中小企業・小規模事業者の事業継続支援及び「新しい生活様式」などへの対応に係る事業を実施するもので、30日開会の町議会臨時会に上程する。

追加対策として、商品券の配布(6230万円、全町民に1人当たり5千円分を配布)▽融資を受けた事業者への応援(1800万円、セーフティネット資金などの融資を受けた事業者に融資額の1割相当額を給付金として支給)▽生活困窮者への支援(73万3千円、就学援助費相当を支援)▽感染拡大防止対策としての環境整備(212万4千円、社会教育施設などの3密解消などの環境整備と小中学校などの予防対策に必要な衛生用品整備)―を実施するほか、新しい生活様式などへの対応として、①家庭学習環境等整備(124万9千円)②高齢者健康支援(95万7千円)③図書館パワーアップ(70万5千円)④web会議対応(48万9千円)―の4事業を実施する。