三重県 宿泊割引旅行券を延期 県民対象分29日からに

鈴木英敬三重県知事は21日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症が全国的に拡大していることなどを受け、県内の宿泊料金を割り引く「みえ旅プレミアム旅行券」の発行を延期すると発表した。

県によると、県民対象分の発行は29日から、三重を含む近隣6府県対象分は8月17日からにそれぞれ延期する。県は当初、22日からインターネットを通じて希望者に発行する予定だった。

これに伴い、今後の発行を予定する1万5千枚について、県民対象分を6800枚、県民を含む6府県対象分を8200枚と区分けした。これまで県民を対象に受け付けた旅行券の発行時期に変更はない。

鈴木知事は発行の延期を決めた理由を「国のGoToトラベルが22日から始まる。県内の予約状況も好調。感染症の全国拡大に加え、県民から旅行券へのニーズが高いこともある」などと説明した。

また、旅行券を発行する対象地域に、滋賀、京都、兵庫の3府県も加える方向で検討する考えを示した。現在の対象としている6府県から感染拡大地域を除外する考えは「今のところない」と述べた。