新型ウイルス 桑名の60代男性感染 陽性者の父、県外に勤務 三重

三重県は20日、桑名市内の60代男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。19日に感染が判明した20代男性の父で濃厚接触者に特定されていた。県内の感染確認は延べ58人となった。

県によると、男性会社員は19日に37・4度の熱があった。同じ日に息子の感染が判明。息子の濃厚接触者としてPCR検査を受けたところ、20日に陽性と判明した。既に解熱し、症状はないという。

息子は複数の感染者が発生した名古屋市の飲食店を訪れていたといい、県は男性会社員が息子から感染したとみている。息子の濃厚接触者となった親族ら3人の検査結果は、この男性を除いて陰性だった。

この男性は17日まで県外の会社に列車で出勤していたという。県は濃厚接触者の特定に向けた作業を進めている。会社の所在地は「所在する自治体の了解を得られていない」として明らかにしていない。