海岸に身元不明男性遺体 鈴鹿署、事件と事故で捜査 三重

【鈴鹿】19日午前6時40分ごろ、三重県鈴鹿市下箕田町の海岸の波打ち際に仰向けに倒れている男性をランニング中の男性が発見し、一一〇番と一一九番した。鈴鹿署によると、遺体は20―40代の男性とみられ、司法解剖して死因を調べるとともに身元の特定を進めている。

同署によると、遺体は身長約170センチの中肉中背。黒髪で左右の手首に星型のタトゥーがある。着衣は紺色のTシャツ、紺色のジーパン、青色の運動靴を履いていた。所持品はなかった。

争った形跡や目立った外傷はないといい、同署は事故と事件の両面で捜査している。