リモートでオーディション実施 「亀山ミュージカル」 宝塚OGと市民が共演 三重

【リモートでオーディションを実施した会場=亀山市東御幸町の市文化会館で】

【亀山】三重県亀山市の市地域社会振興会は19日、宝塚OGと市民が共演して11月15日に同市東御幸町の市文化会館で上演予定の「亀山ミュージカル」(同振興会主催)の出演に応募した市民ら4―65歳の男女計38人のオーディションを同館で実施した。

オーディションは、上演作品の脚本・演出を手掛ける、同市文化大使でKIEミュージカルスクール(東京都文京区大塚)の小嶋希恵代表が、新型コロナウイルス感染症のリスクを回避するため、東京から亀山に来ることを控え、小嶋代表がインターネットを使用したリモートで審査した。

小学3年生の井料和奏さん(8つ)=同市関ヶ丘=は「ミュージカルに興味があり、挑戦しようと応募しました。舞台が楽しみです」、小嶋代表は「そちらに行かなくても、顔の表情や声、動きも分かるので問題はない。コロナを乗り切り、思い出になるような楽しい舞台にしたい」とモニターから話した。

同振興会は、オーディションの結果は後日、個々に連絡し練習日の日程など伝えるという。