昨夏準Vの海星など勝つ 三重県高校野球夏季大会

【宇治山田―海星 二回裏、スクイズで二走水本が生還。海星9点目=伊勢球場で】

2020年三重県高校野球夏季大会(県高野連主催)第3日は18日、3会場(四日市市営霞ケ浦、県営松阪、ダイムスタジアム伊勢)で1回戦7試合が行われ、四日市工、四日市、四日市商、名張青峰、稲生、明野、海星が勝った。

昨年夏の県大会準優勝の海星は宇治山田を11―0の5回コールドで下した。稲生は一回裏の5番豊田雅季のランニングホームランなど20安打の猛攻で23―0の5回コールドで青山を退けた。明野は津の粘りで今大会2試合目のタイブレークに持ち込まれたが延長12回、7―6で初戦を突破した。

朝方まで降り続いた雨の影響で四日市、松阪の2球場の第3試合が中止になり、四日市、伊勢の両球場で19日に行われることとなった。

19日の試合予定は次の通り。

▽1回戦

【四日市球場】①津田学園―津商②名張―桑名③菰野―尾鷲

【松阪球場】①伊勢工―相可②伊賀白鳳―白子

【伊勢球場】①南伊勢―飯南②石薬師・四郷―桑名工