クレーンで宙づり暴行 傷害容疑で男逮捕 四日市北署 三重

【四日市】クレーンを装備したトラック「ユニック車」で従業員を宙づりにし、殴る蹴るの暴行を加えたとして、三重県警四日市北署は17日、傷害の疑いで、四日市市赤堀3丁目、建設業宮本翔太容疑者(30)を逮捕した。

逮捕容疑は11日午前6時半から同10時ごろまでの間、同市東阿倉川、宮本容疑者が経営する建設会社の駐車場などで、同市城西町、男性とび職(30)の顔や上半身を拳や木刀で殴った上、ユニック車で男性をつり上げて殴る蹴るの暴行を加え、尾骨骨折など全治約1カ月の重傷を負わせた疑い。

同署によると、男性は宮本容疑者が経営する会社の従業員。辞職する意向を伝えると殴られたという。宮本容疑者は事件後、所在が分からなくなり、17日午前11時50分ごろ、菰野町内の宿泊施設で捜査員に身柄を確保された。「弁護士と会ってから話す」と容疑の認否を留保している。