ブルーベリー農園が営業開始 「いのさん」きょうから 津の猪の倉温泉 三重

【びっしりと実を付けた鉢が並ぶブルーベリー観光農園=津市白山町で】

【津】三重県津市白山町佐田の「いのさん農園」が運営するブルーベリー観光農園が18日、今期の営業をスタートする。こだわりの肥料で育てたブルーベリー狩りが楽しめる。8月下旬まででなくなり次第終了。

同所は猪の倉温泉に隣接しており平成23年に開園。約3500平方メートルの敷地に24品種1000本を栽培し内約1000平方メートルでブルーベリー狩りができる。

土壌の状態から最適な肥料を独自で配合し天敵を寄せない工夫を園内に施すなどこだわりの栽培をしており、オリジナルのドリンクやジャムなども販売している。

園内には枝にびっしりと実を付けた鉢が並んでおり、同社の岡田孝幸社長(34)は「今年は雨が多いものの甘みは上がってきている。衛生面に気を付け営業するので距離を保ち楽しい思い出を作ってほしい」と話した。

月曜定休。午前10時―午後4時。60分食べ放題で中学生以上1300円(猪の倉温泉しらさぎ苑入浴割引券付き)、小学生以下500円、3歳未満無料。問い合わせは同園=電話059(264)0550=へ。