良縁願い親ら情報交換 四日市で結婚支援フォーラム 三重

【子どもの情報交換を行う参加者ら(四日市市の市民交流会館で)】

【四日市】三重県四日市市本町の市民交流会館で15日、結婚支援フォーラム「良縁親の会」が開催された。息子を持つ親22人と娘を持つ親12人が参加し、互いの子どもについての情報交換を行った。

独身の子どもを持つ親同士が交流し、お互いが気に入れば身上書を交換してその後の子どもたちの良縁につなげる。平成17年から全国でフォーラムが行われ、累計約3万5千人が参加し、三重での開催は9回目。

主催団体の良縁親の会(京都府)の脇坂章司代表理事は「親同士の仲が良い夫婦は離婚しにくく、それがこのフォーラムを始めたきっかけ」。この日南牟婁郡から参加した男性は「親の思いが子どもにも伝わって、相性が合った方といいご縁があればうれしい」と話した。