熊野の県道七色峡線 側溝ふた17枚が盗難 三重

【熊野】三重県は8日、熊野市神川町長原の県道七色峡線で、側溝のふた(グレーチング)17枚が盗まれたと発表した。被害額は約2万7千円。熊野署に被害届を出した。

県によると、通行人が同日午前6時40分ごろ、ふたがないのに気付いて熊野建設事務所に連絡。道路パトロールをした7日午前11時半以降に盗まれたとみられる。