豪雨備え関係機関と調整 「線状降水帯」、知事が支持 三重

【ぶら下がり会見に臨む鈴木知事=三重県庁で】

九州南部を襲った記録的な大雨を受け、鈴木英敬三重県知事は6日のぶら下がり会見で、局地的な豪雨をもたらす「線状降水帯」が要因とみられることから、県内で発生した場合に備えて津地方気象台など関係機関と体制を調整するよう指示したと明らかにした。

鈴木知事は「昨年、県内で河川が氾濫したときも線状降水帯だった。線状降水帯が発生した場合にどういうふうに体制を取って、どう対応するか津地方気象台などと改めてしっかり詰めて、避難や人命確保の方法を検討するよう(職員に)指示した」と説明した。

九州南部の豪雨被害については「亡くなられた方に心からご冥福を祈り、被害に遭われた皆さんに心からお見舞いを申し上げたい。行方不明の方がいると聞いているので、一人でも多くの方の命が救われることを祈念する」と述べた。