ナガシマジャンボ海水プール営業開始 マスク着け水遊び

【マスクを着用しながらウォータースライダーを楽しむ人たち=桑名市長島町浦安のナガシマスパーランド内のジャンボ海水プールで】

【桑名】桑名市長島町浦安の遊園地、ナガシマスパーランドで4日、「ジャンボ海水プール」の営業が始まった。新型コロナウイルスの感染防止対策を講じた上で、例年どおりのオープンにこぎ着けた。9月28日まで。

入場時に来園者の検温と手指の消毒をし、プールでは飲食時以外はマスク着用の協力を呼び掛けた。2人以上でウォータースライダーを搭乗する際はマスクが必須となり、マスク姿で水遊びを楽しむ人の姿が多く見られた。

密集を避けるためロッカーを分散させ、ロッカー棟ではロッカーの間隔を例年より1.5倍に広げ、換気の徹底にも努めた。

愛知県大治町から家族4人で訪れた女性(43)は「雨が心配だったが、プールで遊べて子どもたちも喜んでいる。安全第一で楽しみたい」と話していた。