教諭逮捕「断じて許されない」 三重県教育長陳謝

鈴鹿市高塚町の小学校教諭(26)が強制性交の疑いで三重県警に逮捕された問題で、木平芳定県教育長は2日の総合教育会議で「断じて許されない」と陳謝した。

木平教育長は会議冒頭で「あってはならない事案が生じた。子どもたちが新型コロナに負けずに頑張っている中、教育への期待と信頼を裏切る断じて許されない行為。申し訳なく思う」と述べた。

その上で「これまでからコンプライアンス(法令順守)の徹底には取り組んできたが、なぜこのような事案が起きたのかを十分に考え、いま一度、信頼される学校となるよう努める」と説明した。

会議に出席した鈴木英敬知事も、木平教育長に先立つあいさつで、「今後はこのようなことが起こらないよう、コンプライアンスに努めなければならない」と述べた。