玉城町 ヒマワリ4万本見頃 三重

【見頃を迎えて咲き誇るヒマワリ=玉城町原で】

【度会郡】玉城町原の農畜産物直売所「ふるさと味工房アグリ」が管理する約20アールの畑で、約4万本のヒマワリが見頃を迎えた。家族連れや写真愛好家らが訪れ、散策路を歩いたり写真を撮影したりして楽しんでいる。今月中旬まで。

平成21年から景観植物として栽培。今年は4月中旬に約3キロの種をまき、高さ1・5―2・1メートル、花の直径15―20センチに成長。満開のヒマワリが黄色のじゅうたんのように畑一面に広がっている。

広報担当の名張司さんは「今年は記念撮影用の白いブランコが2台に増えました。来てくれた人がヒマワリを見て元気になって帰ってもらえれば」と話した。