川﨑建設を指名停止 桑名の住宅地開発巡り強要未遂

桑名市内の宅地開発を巡って下請け業者に参入させるよう要求して社員が強要未遂容疑などで逮捕されたとして、県は1日、川﨑建設(いなべ市大安町)を2日から1カ月間、指名停止にすると発表した。

県によると、社員の男は土地開発工事を手掛ける四日市市の不動産会社から200万円を脅し取ろうとした上、下請け業者に参入させるよう要求したとして、恐喝未遂と強要未遂の両容疑で6月23日に県警に逮捕された。

指名停止期間中は、県発注の工事の入札に参加できず、下請けにも入れない。同社は現在、複数社による共同企業体の1社として、県から道路の修繕維持などの業務委託を請け負っている。

また、県は東北地方整備局から監督処分を受けたとして、北芝電機(福島市松川町)も2日から1カ月間、指名停止にすると発表。いずれも建設工事競争入札審査会が1日、資格停止措置要領に基づいて決めた。