三重県知事 給与所得は1621万円 所得総額32万円減の1694万円

鈴木英敬三重県知事の平成31年・令和元年分の資産公開が30日、始まる。給与所得は約1621万円で、ほかに講演料など約72万円の雑所得がある。所得総額は前年と比べて32万円減の約1694万円だった。新たに取得した不動産や有価証券などはなかった。

知事の資産公開は条例に基づいて毎年実施。昨年1年間の所得や新たに取得した資産が対象。役員などを務めている会社があれば、社名や役職も公開する。県栄町庁舎1階の情報公開窓口で閲覧できる。

財源不足を補うため、平成29年4月から減給10分の2としている。加えて、県などが障害者雇用率の算定を誤った問題の責任として、昨年1―2月の2カ月間は月額10分の1減らした。この結果、給与所得は前年より約11万円減少。雑所得は原稿料などが減少したため、前年に比べて約21万円減った。

鈴木知事は「日々いただいている給与などで家族とともに生活している。特に資産形成の必要性や余裕を感じていない」と述べた。